表計算ソフトを入れ換えました

商品の仕入れや売上管理、そして在庫管理するうえで、表計算ソフトが欠かせません。
いわゆるマイクロソフトオフィスが有名ですが、
大きなバージョンアップやらOSの変更の度に買い換えなければなりません。

アフィリエイトやせどりのような日銭稼ぎをしている自分にとっては、
少しでも経費を減らしたいところです。

OSをWindows8に変更した時から、グーグルシートを使っていました。
これは、データがネット上にあって、都度ネットを介してデータにアクセスする仕組みです。

当初は、特に不都合はありませでしたが、約1年を経過して、
データ数が2000を超えてしまうと、いちいち動作の遅さが気になります。

新年を迎えるにあたり、さらにデータ量が増えると、とても持ちそうにありません。

最初は、漠然と、新年用に新しいファイルを作れば良いと考えていましたが、
前年からの在庫が150個あまりあります。

この在庫を繰り越して新年用の新しいファイルを作る。
その手間を考えるとうんざりです。

 ここらへんで、グーグルシートには見切りをつけます。

新しいフリーの表計算ソフト。
オープンオフィスにしました。

インストールも簡単で、あっけないくらい。
データの移行も、データの正規表現、例えば*とか?を使っている部分の前に
.(ピリオド)を挿入してやれば認識して処理してくれました。

私の場合は、ローカル(パソコン1台)での作業ですので、
立ち上げも処理速度も格段と速くなって快適です。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です