アマゾンFBAシミュレーターは使えますね

アマゾンのFBA経由で商品を出品しだして、一年あまり経ちました。
その間、商品が売れるたびに一喜一憂。
それから得られる利益にも一喜一憂。

もちろん、商品を仕入れる時には、
モノレートを使って、利益が得られると確信できるものを仕入れてますが、
どれくらいの利益が予測できるのか、それは、ずっと闇の中でした。

よく、FBA料金シミュレーターを使いなさい。
と言われていましたが、何故か使いこなせませんでした。

ところが、今日やってみて、ようやく納得がいきました。

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/fba/revenue-calculator/index.html/

にアクセスして、

たとえば商品のASINコード、

B00I4JZOIM

を入力して検索し

烈車戦隊トッキュウジャー 変身ブレス トッキュウチェンジャー

が表示されるので、

FBA発送の場合の列の商品代金の空欄に、

1450と入力して、

計算のボタンをクリックします。

そうすると、

費用/コストの販売手数料に、145円と表示
 
 おもちゃカテゴリーの手数料は、10%です。

それから、

フルフィルメント費用として、
出荷作業手数料が98円

発送重量手数料が221円

月間保管手数料が38円

と表示されます。

占めて、費用/コストの小計が502円。

仕入れ値が518円だった場合は、
売値1450円から仕入値518円と、費用/コストの502円を差し引いて、
利益が430円となります。

これから、私のところからアマゾンの倉庫への送料を差し引いて、
粗利となるわけです。

---

ここらへんの仕組みについては、漠然とわかっていましたが、
今日、エクセルの帳票に組み込んで、

個々の商品の、上記データを入力すれば、
ここの商品の見込み利益額と仕入れ学に対しての利益率

そして、

アマゾンFBAに納品する商品全体での見込利益額と利益率が計算できるようにしました。

ようやく、自分で、出品が管理でき始めたような実感が湧いてきました。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です