イトーヨーカドーの6割引きセールで拾ってきました

これまでヨーカドーから全然仕入れられないと思っていたのに

お店を廻っているうちに
大破格市とか60%引きとかがいつのまにか表示されていて

試しにめぼしい商品をモノレートでチェックしてみると、
1点くらいは買いのものが見つかります。

60%引きだと、利益が出せます。
30%引きの商品とかといろいろ混ざっているので、商品選びには相当注意が必要ですけどね。

先週は、神奈川県内の5,6店舗を回りましたが、
60個ほど仕入れてます。

おもちゃと、日用雑貨品ですが、
おもちゃは値崩れが予想されるので、結局利益が出ないかもしれません。

それでも、ネットでの物販は、仕入れないと始まらない。

ーーー

このごろは、アマゾンのFBAへの納品作業もだいぶ慣れてきました。

エクセルの帳票に商品登録をします。

EANコードを入力。
仕入れ日と、仕入先と、仕入れ価格とを入力。

アマゾンの商品登録ページで、EANコードを検索キーにして、
ASINコードと商品名を表示させ、帳票に入力。

その時の売値も表示させ、帳票に入力。

FBAシミュレーターを使って、その商品のASINコードを入力し、
売値も入力して、アマゾンの手数料を表示させます。

その値を帳票に入力すると、利益が表示されます。

そのあとは、プライスターを起動して、
FBA出品手続きに入ります。

商品のASINコードを入力して検索。

コンディション状態が表示されるので、
仕入れ値と、赤字ストッパーーの値を入力するだけで、登録は簡単に終わります。

その後、15分ほど待てば、アマゾンセラーセントラルの在庫管理(停止中)に反映されます。
そこでSKUを見て、エクセルの帳票に入力して、これで商品の登録作業は終了です。

このごろは、機械的に作業ができるようになりましたので、ストレスフリーです。

ーーー

アマゾンFBAへの納品作業も随分楽になりました。

以前は、新機の納品と、ずっと前の既存の商品とが混在する場合、とても手間をかけていました。

ところが、ちょっとしたことで手間が激変。

まず、新規商品を納品プランに登録していきます。

そのあとで、別のウィンドウで在庫管理画面を開き、既存の商品を検索し、

在庫商品を納品/補充するを選択し、
既存の納品プランに追加を選んで、その商品を追加することで、納品プランがどんどん更新できるんですね。

この仕組みが分かってからは、FBAへの納品作業が10倍くらい楽になりました。

ーーー

アマゾンの操作説明とかは、決して親切ではありませんが、
使いこなせれば、なんとかなりそうな予感がしてきているこのごろです!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です