全体の構成を考えてからサイトを作る

スポンサーリンク

全体を見通してからサイトを作ってみたい

一つのサイトを新しく作るということは、”なにか実現したいストーリーがあり、それを実現するためのいくつかのカテゴリを決め、それぞれのカテゴリの中にいくつかの記事を入れていく。”作業だと言えます。

何かモデルにできるサイトがあれば、カテゴリは流用して、記事だけは自分独自のものを書く。というのもありですが、カテゴリから自分で考えるとなると、けっこう大変です。

でも、カテゴリがサイトの骨組みになるので、骨組みがしっかりしてないと、あとで何度もサイトの作り直し、それも大規模な変更になってしまいます。

今までがそうで、作り上げるまでに結構手間ばかりかかっていました。こんどは新しいやり方に挑戦してみたい。そう思ったわけです。

ネットを調べまくってカテゴリになるキーワードを捜す

今回試したやり方は次の通りです。

  1. サイトを作る目的を決める。
  2. 目的に関係ありそうな情報をネットで調べまくる。
  3. 自分がいいと思った言葉をキーワードとして抜き出す。
  4. 抜き出したキーワードを全部並べて眺めながら、サイトを作る目的に合うようなストーリーがキーワードを組み合わせてできないか考える。
  5. 組み合わせた順番にキーワードを並べると、そのままカテゴリ名のリストに使える。

カテゴリに入れるコンテンツ候補を捜す

カテゴリの内容になりそうなコンテンツをネットで探します。

  1. カテゴリー名をキーワードにしてネットで検索し、使えそうなコンテンツをお気に入り登録する。
  2. 全部のカテゴリについて検索して、お気に入り登録をする。この時のコツは、カテゴリ名ごとにお気に入り用のフォルダを別に作っておき、そこに登録すること。
  3. カテゴリごとに登録したコンテンツの内容を順番に確認。各コンテンツから、自分がいいと思った部分を抜粋して、テキストファイルにどんどん書き込んでいく。
  4. この時のコツは、抜粋して書き込むコンテンツには引用元のコンテンツのURLも記載しておくこと。あとで見直すときに必要になります。

カテゴリに入れる記事名を考える

  1. テキストファイルに書き込まれたコンテンツを全部眺めて、カテゴリの内容になるような記事の構成を考える。
  2. 考えた構成を、記事名のリストにする。

全体を見通してサイトの構成をつくる

大体のあらましは以上です。言葉では表現しずらく、読んでもちっとも具体的にはわからないと思われるでしょう。ゴメンナサイ。こういうふうに考えましたというご参考です。

それにしても、予備知識がない場合は、いくら頭をひねっても何も出てきません。

ネットの情報に頼るしかありません。いかにして自分のサイトを作るのに利用するか、その方法について考えて試してみました。

いきなり10記事以上のサイトをまとめるのは、大変でしたが、全体を見通すという目的意識を忘れないようにしたおかげで、中断することなしに、何とか最後まで一気に一応の形には出来たかなと思います。

作ったサイトは以下のサイトにあります。

トップページです。

 

実際には以下の二つのサイト

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です