サイトのデザイン設定してSSLにも対応しました

guitar

このサイトをSSL対応に変えたときに気づいたことなど、この次の作業をやりやすくするためにメモしておきます。

作業は、ネットに掲載されている解説に従った。
「WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)」

WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

SSL化を行う

スポンサーリンク

SSL化(http->https)の主な手順

作業手順をざっと確認

事前データベースのバックアップをとる

ワードプレスプラグインのUpdraftPlusを利用する。

エックスサーバーでSSL設定を行う

SSL設定のところで、
「CSR情報(SSL証明書申請情報)」を入力する」というチェック項目には、チェック入れない。

”SSL設定が反映するまで、最大1時間程度かかります。今しばらくお待ちください。”
の表示が出てから、SL設定が反映するまで40分かかった。

1時間待つ間に、chromeで表示される画面は別のものだったが、問題なし。

WordPressの設定からURLを変更する

手順通り。

内部リンクをSearch Regexですべて置換する

SearchRegexがインストールされていなかったのでプラグインをインストール。
httpアドレスとhttpsアドレスを入力して、
「Search」ボタンや、「Replace」ボタンを押して、どういうものなのかを把握。

サイト内で、httpアドレスが記載されているところをページ別に一覧抽出してくれる。

画像へのリンクとかの内部リンクが網羅されているようだ。
このサイトは、19箇所しか?なかったのでチェックは簡単。

  • 一覧表示をPDFファイルに出力し、それを表示させておく。
  • 右端に、view edit という表示がある。
  • editをクリックすると、そのページの編集画面が開く。
  • その画面でhttpの部分を探して、そこの意味を把握。変換の可否を判断する。

こんな感じで、19箇所のチェックを済ませた。
「Replace & Save」ボタンをクリックしてURLを一括置換し保存した。

.htaccessにリダイレクト用のコードを追記する

「public_html」ディレクトリにある.htaccessファイルをダウンロードする。

当サイトはサブディレクトリに設置されているが、サブディレクトリの.htaccessファイルに追記するのではない。

確認作業

セキュリティー状態のチェック

chromeブラウザ、Edgeブラウザともカギマークが表示されるかを確認。

SSLエラーのチェック方法

Chromeのデベロッパーツールの使い方(見方?)がいまいちわからない。

SSL対応をしていないスクリプトの呼び出しを削除する

i2iのタグが、http版からhttps版に張り替えたが、
https版のコードの中にhttpとhttpsが混在していたせいか、デベラッパーツールのエラーを消せなかった。

このタグを削除。

テーマ自体のチェック

ヘッダー画像と、背景画像がエラーになった。
カスタマイズをやり直す必要がある。

その他サービス・ツールの設定の変更など

Google Analytics

デフォルトのURLをhttpsに変更する。
これは図解が役に立った。

Search Console

「サイトのHTTPS化で必要となるGoogleサーチコンソールの再登録方法」

サイトのHTTPS化で必要となるGoogleサーチコンソールの再登録方法


に従った。
作業自体は問題なく行えた。

SSL/TLS 証明書にドメイン名 https://yusuzume.com/ がありません

Search Console から警告メールが届いた。

ネットの情報を参考にして、SSL証明書の内容を確認。
サイトは証明されていた。

Search Console への登録が早すぎたからという解説がされているが、本当かな?
こういうところがよくわからない。

便利なのかどうなのかがわからなくなるのがこういう瞬間。
でも、とにかく問題なくSSL化は行えているようだ。

作業はこれで一応終了。

このサイトは、修正箇所も少なくてよかった。
もう一つのサイトもSSL化しようかどうかは迷ってます。

サイトのデザイン設定

サイトのSSL化の前に、サイトのデザインをそれなりに設定する作業がありました。

それまでは、テーマをtwervetwentyに設定し、子テーマまで作ったところで作業が停止です。

デザインの設定作業は、すべてこのページに従いました。

WordPressの始め方や設定、カスタマイズまでのまとめ
https://affiliate150.com/wordpress-summary

このページにはたくさんの情報が盛り込まれています。

独自ドメインを取得とレンタルサーバーの比較

Xサーバーを利用しているので、その項をざっと復習。

WordPressを始める前の基礎知識編

この項も、復習。

最初にしておくべきWordPressの初期設定

WordPressの一般設定を解説は、参考になった。
パーマリンク設定の説明は、今までわかっていなかったところが理解できた。
メディア設定と、ディスカッション設定、それぞれ参考になった。
WordPressバックアップの方法については、UpdraftPlusが参考になった。

TwentyTwelveカスタマイズ

実質は、これが主作業。たくさんの項目がある。
最初から順番に行っていく。
各項目の最後に次の作業へのリンクが張ってあるのが便利。

現在、8割がたを実装してある。かなり見栄えが良くなった。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です