ワードプレスのサイトをローカル環境にも設定する

レンタルサーバー上で構築したワードプレスサイトと同じものを、パソコン上のローカル環境にも設置する。

つっかえつっかえでしたが、なんとか最後までできたので、やり方を忘れてしまっても、この記事を見て思い出せるくらいの要点だけを記録しておきます。

設置作業はいろいろとやることが多くて大変でした。
やっただけ財産になるのが自分への報酬。

スポンサーリンク

使用環境や前提など

バージョンなどは、いつごろのものかがわかるようにするための記録。

ワードプレス バージョン4.9.4
エックスサーバー Linux、Apache2.4.6、PHP7.2.1、MySQL5.7

パソコンnoOS: windows10

ツール:
XAMPP コントロールパネルver3.2.2
FileZilla
Search and Replace DB
TeraPad UTF8(N)に設定
エクスプローラー(ウィンドウズ標準)

SQLデータベース名:aishida2_af2

目標:当サイトをローカル環境でも設置する。
/yusuzume.com/wp/配下のファイルを
C:/xampp/htdocs/wp/afil/配下に設置する

作業手順

作業方法は
サーバー上のwordpressをローカル環境で再現する

サーバー上のwordpressをローカル環境で再現する


を参考にさせていただいたが、
データーベースの調整(書き換え)方法だけは、別のやり方で作業の順番も変えました。

文中で、わたしの環境に特化したところや、任意のところについては、環境の違いに合わせて読み替える必要があります。

データのバックアップ

サーバー上のSQLデータベースを、パソコンにバックアップする。

サーバー上のワードプレスのwp-content以下を、パソコンにバックアップする。FileZillaを使って一気にダウンロード。FFTPでは漏れがでるおそれ。

バックアップ先はC:/wp_work/afil/配下(フォルダ名は任意)

ローカルのphpMyAdminを使い、DBデータをインポートする

phpMyAdminへのログインユーザ名はroot
パスワードは別途設定したものを使う。
(設定していなければ、パスワード不要)

データベース名はaishida2_af2
照合順序はデフォールトのままで問題なし

/wp_work/afil/にバックアップしてあったDBデータをインポートする。

PCにワードプレスをインストールする

ウェブサイトからワードプレス一式をダウンロードしておく。
フォルダ名をwordpressからafilに変える(フォルダ名は任意)

httpd.conf(C:/xampp/apache/cnf/配下)の
247行目と248行目を書き換える
DocumentRoot “C:/xampp/htdocs/wp/afil”;
;

このファイルを保存後、XamppのApacheとMySQLを再起動する。

http:/localhost/を指定して、インストール画面を開く。

データベース名:aishida2_af2
ユーザー名:root
ダータベースのパスワード:****(設定してなければ無入力)
データベースのホスト;localhost
データベースの接頭辞:wp_

作業を進め、

”すでにインストールされています”のところまできたら、

バックアップしておいたwp-content一式をコピーする

コピー先は、
C:/xampp/htdocs/wp/afil/配下

注意するのは、既存のファイルは残したまま、PCに存在しないファイルだけをコピーする。
(既存のファイルは上書きしないでスキップさせる。
エクスプローラが、コピー実行途中に、上書きするかスキップするかを尋ねてくるので、スキップするを選ぶ)

データベースをローカル環境用に置き換えをおこなう

ダウンロードしておいたデータベースデータ検索書き換えツール”Search and Replace DB”のフォルダ名は長いので、任意の短いものに変える。
つまり、Search-Replace-DB-masterをsrdb(任意)に変える。

srdbフォルダ以下を
C:/xampp/htdocs/wp/afil/配下に移す。

データベース検索書き換え画面を開く
http://localhost/srdb/を入力

検索文字
http://www.yusuzume.com/wp
置き換え文字
http://localhost

検索文字
https://www.yusuzume.com/wp
置き換え文字
http://localhost

以上の、二種類の文字の置き換えを行う。

サイトを開く

http://localhost/
で、トップページは開ける。その他のページは見つからないの表示。

http://localhost/wp-login.php
でワードプレスの管理画面を開く。

パーマリンクの設定画面を開く。
何もしないで、そのまま保存。

再度、
http://localhost/
で、トップページが開き、その他のページへのリンクもできるようになる。

現象的には、.htaccessファイルが新しく生成されているが、
それが何らかの影響しているようだ。

感想

テストサイト1つと、2つの運用サイトで作業をして、できることを確認。
ワードプレスをサブディレクトリに設置して、ルートディレクトリホームページに設定したりすると、すんなりと行かなかったような?

.htaccessファイルでリダイレクト設定していたりすると、ややこしくなるのかな?

phpMyAdminの使い方や、SQLデータベースの構造などで、初歩的な知識が身について気がするのは収穫だった。

FTPソフトはずっとFFTPを使っていたが、FileZillaがとても便利なことを初めて実感できた。操作画面がやたらと複雑そうで敬遠していたけど、フォルダの転送が、ドラッグアンドドロップでできた。びっくり。

Search and Replace DBツールは、あまりにも簡単に変換できちゃうんで、これもビックリ。TeraPadの検索置換機能で24時間動作させて結局失敗したのに、ほとんど数十秒でできてしまう。

2月になってから、サイトのデザイン一新やSSL化に始まって、サイトの環境整備にかかりっきりだったけど、これで一応の区切りにしておこうと思う。

お疲れさまでした。

これからは、サイトのコンテンツを充実していかないと!

とはいえ、デザインの方も少しずつ試してはいきたいな。
せっかくローカル環境が作れたんだから!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です