月別アーカイブ: 2014年11月

資金を回す意味が少しわかりかけてきました

物販せどりを始めてから1年が経ちました。

その間の仕入れや販売管理はエクセルの帳票にコツコツと記入して、在庫の把握はほぼリアルタイムで出来ています。

具体的には、例えば2014年12月に商品を何個仕入れて、それの仕入れ値がいくらであり、
現時点で、何個売れ残っていて、その金額がいくらかがひと目で分かります。

一方、お金の管理については、みんなの青色申告15を使って、

商品を仕入れる都度、買掛金を入力し、
クレジットカードの支払いをするたびに、買掛金の支払いを入力します。

売上については、ひと月に2回アマゾンで集計され,支払い手続きが開始される都度、売掛金を入力し、
銀行に入金がある度に、売掛金の振込を入力します。

アマゾンへの郵送料や、仕入れに使う自動車のガソリン代などの諸経費も入力していきます。

みんなの青色申告には、いろいろな集計機能がありますが、
たとえば合計残高試算表はよく見ます。

資産の部合計、負債の部合計、資本の部合計、負債・資本の部合計と4つの集計欄があります。
この見方が未だによくわかっていません^^;;

 感覚的に分かってきたのが、
 
ビジネスを続けるためには、資産を増やしていく必要がある。

そのためには、銀行の残高と売上金残高を合わせたお金を増やす必要がある。

そのためには、負債(買掛金)を増やす。つまり仕入れを増やす。

もちろん、買掛金の返済期限までには、収入(売掛金の回収)がなければなりません。

具体的には、クレジットカードで可能な限り仕入れ(買掛金を増やす)
支払い期限までに商品を売り上げて(売上金を増やす)その差の収益を増やしていく(資産を増やす)

前のスクールで習ったように、カードの支払い期限内に、売上を2回立てられれば理想的
そういったことが、今更ながら実感できてきました。

 現状を見ると、逆の方向に行ってることがわかりました。
 
 利益を追求することに重点を置いていて、仕入れが減ってきており、
 そのため資産も減ってきている。

なんとなく、これまでモヤモヤしていたのがわかってきた気がします。

まだ、挽回できる気もします。

電脳せどりにチャレンジ開始

ネットで商品を仕入れて、その商品をネットて販売する。 それを電脳せどりというのかな? 今までやっているせどり、  自分で仕入れた商品を、梱包して発送する。  かなり手間がかかります。  愛着もわきますけどね、  直接利益 … 続きを読む

スポンサーリンク