月別アーカイブ: 2017年12月

windows10バックアップのエラーがなくなりました

パソコンのハードディスクのデータのバックアップを一月に一度やってます。
バックアップと復元(Windows7)を使います。

そのバックアップ作業をやるたびに、

“Win7「バックアップは完了しましたが、一部のファイルはスキップされました。」 (エラーコード 0x8100002F)”

というメッセージが表示されていました。

気になっていたのが、今回、ようやく解決しました。

エラーの詳細

エラーの詳細は、
ファイル C:\Users\(ユーザー名)\SkyDrive\ドキュメント のバックアップ中に問題が発生しました。エラー:(指定されたファイルが見つかりません。 (0x80070002))
とか、
ファイル C:\Users\(ユーザー名)\OneDrive\Music のバックアップ中に問題が発生しました。エラー:(指定されたパスが見つかりません。 (0x80070003))
などで、全部で6つのエラー表示。

解決法を探る

いつまでたっても状況は変わらないので、ネットで対処法を調べました。

解決法は、見つからないとされているディレクトリに、空フォルダを作るです。

上の例では、”ドキュメント”と”Music”というフォルダを作ります。

その上位のディレクトリがなければそれも作ります。
今回は、SkyDriveとOneDriveがそれに当たります。

対処する

理由はよくわかりませんが、SkyDriveディレクトリを作っても強制的にOneDriveに書き換えられてしまうという現象がありました。

解決法は、OneDriveディレクトリに”ドキュメント”フォルダを作るです。

もう一つの問題は、
OneDriveディレクトリに”Music”フォルダを作っても、エラーが消えなかったこと。

この解決法は、”OneDrive”ディレクトリをもう一つ作るでした。

OSから”同じディレクトリがあるので上書きするか?”というふうな拒絶されるかと思いましたが、
どういうわけか、OneDriveをもうひとつ作ることができました。

そして、そのあたらしいディレクトリ下に”Music”フォルダを作ることで解決。

これで6つのエラーが全てなくなりました。

以上、また出て来るかもしれないのでメモにしました。

スポンサーリンク